• アイテム一覧
  • blog
  • 【日常ブログ】太るのが止められない方へ。体質改善3ヶ月でマイナス12kg。

カテゴリ: blog

【日常ブログ】太るのが止められない方へ。体質改善3ヶ月でマイナス12kg。

2022年6月1日から本に書かれている食事法に従い、食事を改善した結果、大幅に体重も落ち、不調も改善しました。Facebookにその経緯を載せましたが、FBをやっていない方からも話を聞きたいとの事で、ブログに掲載しておきます。以下、FBに投稿した内容・写真をほぼそのまま転記します。

************************

2022年8月31日 Facebookへ投稿

【体質改善3ヶ月でマイナス11kg以上】
怪しいタイトルですみません。笑
年齢も後半になり、身体の不調や先行きの不安を切実に改善したく思っていました。3ヶ月前、スーパードクターが書いた著作本を見つけ、その通りやってみた内容をご報告します。シェアも歓迎です。

いわゆるビフォーアフターな写真。左は約1年前の2021年8月コロナ全盛の個展展示の時です。ですが、2021年この時もパーソナルトレーニングで運動もしていたんです。ですが、痩せられていません。2022年5月まで太り続けていました。もちろん無修正。

右は、この記事を書いた、2022年8月31日玄関で撮ったこの日の私。無論修正なしですw 私をリアルで知っていた人は皆驚きます。たった3ヶ月で、苦労なくお腹周りとかの脂肪もとれていきました。びっくり。)


【どのような悩みが有ったのか】
・年々太る事が止められない
・仕事に支障が出るほど眠気がある
・コレステロール値がやや高い(家族性)
・高齢家族は脳血管系、脳梗塞などの病気になっているので自分も心配。
・なんかボケが加速。集中力低下。笑


【どんな本?】
死ぬまで、元気で、頭もクリアに綺麗で活動していたい
との理想がありました。そんな折、「死ぬまで若々しく健康に生きる老けない食事」という本に出会い、同じ著者の「食のパラドックス」の2冊をAmazonで買いました。(写真参照)
食事改善は、2018年に書かれた「食のパラドックス」の方がお勧めなので、一冊買うならこちらです。
著者は腸と微生物ごうの世界的権威の医学博士スティーブン・R・ガンドリー先生です。実は「講演できる」と言われるくらい洗脳されてます。笑

(※画像はamazonへの本へのリンクです。)


【どんな食事改善か】
詳しくはエビデンスのしっかり書かれてる本を読んでください。難しいけどね!
大切なのは、何を食べるかではなく、何を食べないか。です。
植物が昆虫に食べられない為に持っているレクチンという植物毒を避けるまたは少なく摂取する食事法です。グルテンはレクチンの一種で圧力調理でも発酵でも無くならない、スーパー植物毒です。でも完全なグルテンフリーを推奨するわけでもないです。(グルテンを食べる細菌が死んでしまう為)
そして「今は冬、身体に蓄えた脂肪を使え」と身体に指令が出る食事を続けたので、身体に付いた余分な脂肪は自然と無くなっていきました。(もちろん増やす事もできますよ。)


【どうして結果が出たのか】
我慢が出来ず、辛いのも嫌い、キツい運動も苦手な私はどんなダイエットも続きませんでした。昨年1年はパーソナルトレーナーさんについて運動もしました。筋肉が人並みについたのはありがたかったのですが、体重は結局変わらず、今年辞めてからは、さらに体重は増加していきました。
今回食事を改善する事で、体重のコントロールがこんなにも楽な事だと分かりました。この食事法ができた理由は
【我慢しなくていい】
【短期間で変わる】
この2つかと思います。我慢してないので、リバウンドもありません。体調も良く身体も軽いです。(10k減れば当たり前か)


【変化の概要】


6月1日から本のプログラム、腸を整える3日間を厳格に行いましたら、本に書かれている通り、まず2キロ落ち、1ヶ月後には当初より5キロ、2ヶ月後には9キロ落ちました。ここまでは、割と厳格に本の指導に沿った食事をしました。毎朝体重計に乗るのが楽しみでしたし、着れなかった服が入るのも嬉しかった。


2ヶ月続けたら、自分の食事のベースができたように思います。昔はとにかく甘い物が食べたくて仕方なかったのが、全く食べなくても平気になりました。食べたくなる時は腸に良い甘い物を食べます。我慢はしなくていいんです。カロリーは関係有りません。でもたくさん食べられなくなったので、ビタミンやミネラルなど、足らない栄養素が無いかは気をつけています。サプリは3つ飲んでます。


3ヶ月目に入り、食べない方が良い食品も多少食べる事も有りました。グラフを見て貰えば分かりますが、体重上下に差が出ています。もうこの頃は、自分のその日食べた物で、次の日の体重がどう変化するか、数百グラム単位で分かるようになりました。
頂き物で、砂糖とクリームの塊のような物を1つ食べた時は、次の日から3日間体重が増えてビックリ。他の食事は今まで通り。身体に蓄える指令が出るとこうなるのかと思いました。昔のように美味しいとは思わなくなりました。自然の美味しさに慣れちゃったからかな。


昔に比べれば、食べる量はグッと少ないです。さほど食欲が無いので2食で充分です。本来はもっと食べるべきなんだろうけど、なかなかそんな食べれない。
もっと運動してタンパク質を増やすようかな。そしてレクチンを含む食品も少しずつ取り入れるようです。

例えばこんなのを食べてます。カロリーは関係ないです。食べてOKな食材、特に根菜とかははたくさん食べた方が良いです。そのまま善玉菌の餌になります。w


【今後に向けて】
現在、ほぼ自分の理想の体重なので、(落としすぎないように気をつける)健康的な体重を維持して、みんなと食事をしたり、たまのグルメを楽しむという食生活をしていきたいと思います。運動は少しキツいくらいの運動をしないといけないと思ってます。本にも体重は食事でしか落ちないと書いてありますが、健康の為にも運動はすべきとあります。(綺麗なボディラインを作るには筋トレだと思う。w)


【この本をお勧めしたい方】
この食事法は第一に身体の不調を改善するもので、心臓病、糖尿病、自己免疫疾患、がん、関節炎、腎臓疾患、アルツハイマー病などの改善に役立つ食事のプログラムです。体重が多すぎる場合、少なすぎの場合は、適正体重に自然になるという食事法です。体重減は副産物的なもので、腸の健全化と健康寿命を伸ばす食事法です。
食事は毎日するもの、食と健康の知識として、知らないよりは知っていた方が良いと考えます。


そして、どうしても痩せられない!太るのが止められない!という私の悩みと同じ悩みで辛い方がいたら試していただきたいです。この本には、太っているのはあなたの責任では無い!と書かれています。


しっかり本を読み込んで、厳格にやれば結果が出やすいですが、アメリカの食事がベースなので手に入らない物も有ります。ですが、ここは発酵文化の歴史が素晴らしい日本。日本ならではの良い物も有ります。(レクチンは、小麦以外、圧力調理と発酵で無くなるのだそうです)レシピやメニューで困ったら聞いてください。


【もっと詳しく知りたい方は】
ぜひ次の展示会、私の在廊日にいらして私を捕まえてください。なんでもお話します!笑
Art Gallery Illusion 2022
9月18日(日)〜23日(金・祝)
11:00〜19:00最終日16時
新宿駅南口5分・こくみん共済coopスペース・ゼロ
私は18日(日)、19日15時〜(月・祝)、21日(水)、23(金・祝)に会場に居ます。


【おまけ】
5キロ痩せた時も友達が気づかなかった。今までどんだけ偽装が上手かったんだ私。 いや、私の太り方では僅差だったのかなと思いなおす。笑
ちなみに急に痩せるとシワになるからと友達がシワとりyotube動画やストレッチを紹介してくれた。これはサボり気味。
一部の人が気になるブラのサイズはさほど変わらない。というか、大は小を兼ねるの原理か?いや、こちらも適正体積に。形は別として。
でもある程度脂肪が有るのは大切に思う。顔とか太ってた時の方が好きかも。笑 姉に首がシワと言われる。笑
体重に関しての報告なので、他の事の責任は負えませーん。ただお肌は綺麗になると書いてある。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


(実践をサポートするFacebookグループです。全体公開ですのでどなたでも参加可能です。但し、純粋に実践者をサポートする為のグループで、本を読んで無い方や実践者じゃない方、議論の為のグループではありません。レシピ紹介などです。)


本を読んで、やってみようかな?
という皆様に情報提供できたらとFBグループを作りました。
やってみる方は宜しければご登録ください。
食材の入手やメニュー例などの情報交換の場となればと思います。

https://www.facebook.com/groups/lectinfree/?ref=share


************************


同著者の2冊をご紹介しますが、食事法は「食のパラドックス」の方がおすすめです。1冊だけ買うならばそちらを先に買ってやってみるのがいいかと思います。

(※画像はamazonへの本へのリンクです。)

#BeforeAfter #ビフォーアフター #食のパラドックス #食のパラドックスやってみた #レクチンフリー #ダイエット #太るのが止められない #病気の原因 #1ヶ月で5キロマイナス #2ヶ月で9キロマイナス #3ヶ月で12キロマイナス #運動いらない #食事療法 #健康的な食事 #究極のダイエット #我慢なく痩せられる #リバウンドしない

TOP